事前にまとめるのが大事な転職の志望動機

転職活動では、志望動機は大変大きなポイントになります。その動機は、書面でも口頭でも質問される事になるのです。書類にはその動機を記載する欄がありますし、口頭でもそれを聞かれる事になります。

ですのでお仕事を探す方々としては、その動機をまとめておくのが望ましいと言えますが、そのために専門の会社に相談をしてみる方法もあるのです。

1.なぜ当社を選んだのかという理由

そもそも前述の動機とは、会社を選んだ理由を指します。仕事探しサイトなどを見てみますと、大変多くの求人広告が掲載されているでしょう。その中から、とても良さそうな案件を見つけたとします。

その際には、必ず理由がある訳です。なぜ「良さそう」だと思ったかという理由が、いわゆる志望動機と表現される訳です。それが面接などで質問される事になります。

2.履歴書にそれを書く欄がある

それは、まず履歴書に書く必要があるのです。履歴書には、明らかに動機を記載する欄があるでしょう。そこに記載した内容は、もちろん内定率に大きく関わってきます。

書かれている内容に説得力があるか否かによって、採用率も大きく変わってくる訳です。ですのでそこに書く文面などは、よく考えておく必要があります。

3.口頭でも質問される事になる

それと冒頭でも述べたように、それは口頭でも聞かれる事になるのです。転職活動では、必ず面接を受ける事になるでしょう。

その際に人事担当の方から、なぜ当社を選んだのか等と質問される事になります。もちろんその際の回答内容などは、やはり採用率に関わってくるのです。

説得力があるか否かも重視されますし、即座にそれを言えるかどうかも試されます。

回答するまでにあまり多くの時間がかかっていると、マイナスポイントになる事もあるのです。ですので、面接に備えて志望動機もまとめておく必要があります。

面接官はコレを知りたい よく聞かれる33の質問 – 転職ならDODA(デューダ)

4.自力でまとめる難しさはある

しかしそれを自分1人でまとめるのも、確かに大変な一面があります。自分1人で志望動機を客観的に評価できれば良いですが、なかなかそれが難しい事もあるでしょう。

果たして自分の志望動機は妥当なのかどうか、自分1人ではなかなか判断が難しい事もあります。むしろ誰かに客観的に評価をしてもらう方が、まとめやすい事も多いのですね。

5.志望動機の難しさと紹介会社によるサポート

以上から、まず次のような事が言えます。

・履歴書には動機を書く必要がある
・面談時にも志望動機を質問される
・動機をまとめておく必要がある
・自分1人でまとめるのはなかなか難しい

これらを考慮すると、志望動機はまとめるのは困難と思われるかもしれません。しかし人材紹介会社で、それが解決できる事もあるのです。

というのもそのタイプの会社では、動機をまとめる為のサポートも行ってくれます。たいていは専門の担当者の方が控えていて、それをまとめる為の客観的なアドバイスなども行ってくれるのですね。

自分1人で苦労をするよりは、担当者に相談する方がまとめやすくなるでしょう。

動機は事前にまとめておく

いずれにせよ人事選考では、志望動機はかなり重視されます。選考に先立って、できるだけ入念に準備をしておくのが望ましいでしょう。

その際には、前述の紹介会社などを有効活用するのが良いと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です