転職で使える、ハローワークの活用法

転職の際にハローワークを使う人も多くいますが、ハローワークでは見つからない求人も数多くあります。

これは条件が限られるから起こる現象であり、ハローワークを利用する際にもメリットとデメリットを考えて使い分ける必要があるのです。

1.失業給付金を受けるなら非常に重要

ハローワークで転職活動をしても仕事がなかなか見つからないケースがあります。これは企業も転職エージェントサービスなど様々な形で募集をかけているからで、ハローワークの求人が全てではないのです。

ただし、失業給付金を受ける場合は必ずハローワークに行って認定を受けなければいけないため、その点には注意する必要があります。就職活動をしている実績をハローワークに申告しないと給付が打ち切られてしまうのです。

ハローワーク以外での活動も実績として認められるため、定期的に来る失業の認定日に顔を出すことと、活動実績の規定を満たすのを忘れないようにする必要があります。

もちろん、ハローワークでの転職活動や、ハローワーク経由での企業への問い合わせは活動実績にカウントされます。

2.模擬面接などの講習会がある

転職を行う際に履歴書のアピールポイントや、面接対策に悩む人も多くいますが、ハローワークでは定期的に面接対策などの講習会を行っており、無料で参加することができます。

講習会の参加も失業給付を受けるための活動実績と見なされるのもポイントで、様々なメリットがあるのです。

職業相談などで自分の適性ややりたい仕事について相談するのも方法で、誰かに話を聞いてもらうことで自分の考えがまとまることもあります。求人以外のシステムも最大限に生かすのがハローワークを活用するポイントになります。

3.職業訓練校の情報も出ている

ハローワークでは職業訓練校の情報も紹介しています。職業訓練校とは失業給付を受けながら通える学校のことで、電気設備などの様々な資格を取得することができます。

就職に直結するような資格も多く扱っており、募集人員が限られるだけでなく、募集期間も決まっていることから早目の確認や問い合わせが重要になります。

特に年齢を重ねて就職口が見つからない場合は、専門知識や技術は正規雇用のための強い武器になります。

訓練校に通う期間は半年など長期間に及ぶ場合もあるため、自分の失業給付の機関や、転職に使える時間との配分を十分に考えることも重要ですが、一般的な学校よりも圧倒的に学費が安くなることは大きなメリットといえます。

教育訓練給付制度の活用方法について | 転職マネー相談室

求人以外のハローワーク活用法も

ハローワークは求人情報の公開だけでなく、様々な転職の補助を受けることができます。

・失業保険の給付
・模擬面接会や講習会
・職業訓練校の仲介

特に転職活動が長引き、仕事もやめた場合は失業保険の給付は重要といえます。模擬面接や職業訓練校も活用したいシステムで、費用負担が軽く、充実した内容となっています。

求人情報に関しては弱い所も外部の転職サイトを利用するなど、組み合わせて使うことも大切になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です