転職に挑む際の模擬面接の重要性とは

転職の嬉しい味方になってくれるのが模擬面接です。面接に挑むのは就職試験以来という人も多く、基本の見直しにもつながります。

あがり症など緊張しやすい人は場数を踏んだ方がいい場合も多く、精神的な安定にも役に立ってくれます。

面接で聞かれて困る8つの質問【リクナビNEXT

1.ハローワークなどの公共サービスを利用する

模擬面接を受ける方法にハローワークなどの公共サービスを利用する方法があります。

転職希望者や就職希望者のために無料で開かれているため参加のハードルが低く、まずは試して勘を取り戻したいと言う人にもおすすめです。欠点は人数制限や時間の制限が多いことです。

希望者全員が参加できるわけではなく、参加できる場合も徹底的な指導が入るわけではないなど、より厳しい条件下に自分をおきたい人には不向きな面もあります。

あくまで公共で受けられるサービスと割り切って受けることも重要です。

2.ビジネススクールでは本格的な模擬面接も

就職や転職希望者のためのビジネススクールの場合、もっと実戦的な模擬面接が行われます。

模擬面接と合わせて履歴書や職務経歴書の書き方、アピールポイントの磨き方、実際描いた履歴書の添削などサポートを受けられる範囲が広いのも魅力です。

自治体で就職サポートの一環として行われているケースもありますが、ビジネススクールは有料で受けるサービスである分、内容も高度になっています。

面接官担当者などスペシャリストを用意している場合もあるのがポイントで、不安が多き場合はぜひ受けたいサービスになります。

欠点はある程度まとまった時間が必要な事と、有料サービスであることです。短期集中の講座もあるため、自分の状況に合わせて選ぶことも重要です。

3.ネットを使った模擬面接も生まれている

ハローワークやビジネススクールには自分で通う必要がありますが、ネットを使った模擬面接は自宅から受けられるのがポイントになります。

集団面接形式で無料で受けられるものや、有料で徹底した指導を受けられるものまで様々なサービスがあり、自分に合わせた模擬面接が選びやすいのも特徴です。

簡単な機器の設置や無料通話ソフトでやり取りが出来るだけでなく、パソコンに標準的に搭載されたカメラなどでやり取りが出来る場合もあります。

欠点は、実際に対面で話すわけではないので圧迫感にかけることや、視覚に入る情報量に違いがあることです。

空気感や雰囲気にこだわる人にはおすすめできませんが、自宅で受けられるので気軽に申し込めると言うメリットもあります。料金体系や格子も様々なため、まずは検索して調べてみるのも一つの方法です。

模擬面接を受けるメリットは

模擬面接は面接の勘を取り戻し、欠点を見つめなおすためにも重要です。主に、

・ハローワークなどの公共サービス
・ビジネススクールなどの有料サービス
・ネットを使った自宅で受けられるサービス

があり、それぞれにメリットがあります。自分の弱点に合わせたサービスを選ぶことも重要で、有料のサービスの方がきめ細かな指導を受けることができます。

時間的な制限が多い人もいるため、消去法で考えるのも方法といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です