転職の際に引き止められたらどの程度配慮すべきか

転職の際に引き止めを受けるケースがあります。引き止められることで感情が揺れてしまう場合や、必要とされている実感がわきやすくなることもありますが、感情に流されずに冷静に判断する必要があります。

その場で返事をするのではなく時間を貰う等、即決をしないのがポイントになります。

誰にも聞けない退職実務|エン ミドルの転職

1.引き止められて条件は良くなるのか

実際に引き止められた時に考えることは数多くあります。まず分かりやすい所で言えば雇用条件が良くなるかです。

転職を目指すからには何かしらの不満ややりたい仕事があってのはずです。引き止められたとしてもこの状態が改善されるケースは少なく、転職をやめる理由にはならないことがほとんどです。

必要とされたいと言う充実感が欲しくて転職を考えた場合は別ですが、給料や待遇に不満がある場合は条件交渉とセットにするべきです。

より良い条件やポストが用意されているのなら検討の価値がありますが、引き止める人物の役職によってはそう言った権限がないこともあります。転職には自分の将来がかかっていることを考えて決断するべきです。

2.考える時間を作るのがマナーという考え方も

例え転職する意思が変わらなかったとしても、考える時間を貰うのがマナーと言う見方もできます。

これは今の職場への敬意や配慮から来るもので、すぐに断ってしまうと相手のプライドや今までおこなってきた業務に対する否定と受け取られる可能性があるからです。

立つ鳥跡を濁さずのことわざがある通り、余計な波乱を呼ぶよりは円満に場を修めることも大切といえます。

退職してからも様々な書類などを受け取るために会社に連絡が必要になる場合や、各種手続きが必要になることもあります。やんわりと断って、後にお礼のメールを送るなど配慮をすることも大切なのです。

3.相手もマナーとして言っている場合もある

逆に、相手も引き止めるのもマナーと思って言っている場合もあります。これは担当者の性格によるものだけでなく、会社のイメージを悪くしないための方便と言うケースもあるのです。

この場合会社にとどまった方がかえって居心地が悪くなる可能性があるだけでなく、引き止めた本人自体がそうなる結果を予測していないケースすらあります。

あくまで社交辞令と受け取って軽く流すのも方法の一つで、深刻に考えるだけ無駄な場合もあるのです。

単純に時期的に人が欲しいから言っている場合もあるため、額面通りに受け取る必要は無く、自分のやりたいことを優先した方が後悔は少なくなるのです。

社交事例としても重要な言葉

転職の際の引き止めには以下の点で気を付ける必要があります。

・とどまって条件は良くなるのか
・決まっていても迷うスタンスが大切になることもある
・相手も社交事例で行っている場合がある

引き止められれば人はうれしいものですが、根本的な解決にならないことがほとんどです。一方で気持ち良く巣立っていくためには社交事例も重要で、額面通りに受け取る必要もないと言えます。

転職を目指すなら覚悟も重要なため、待遇の改善などとセットで引き止められない限りあまり気にすることなく、自分の道を進んだ方が納得できる結果になるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です