転職の面接を受けるまでにしておいた方がよいこと3つ

新しい職場を求めて、更なるキャリアを求めて、それぞれの様々な理由を背景に、転職活動を始める方は少なくありません。

転職活動中の方の中には、働き続けながら活動してる方もいれば、退職後に心機一転就職活動を始める方もいるでょう。

どちらの場合にも、次の職場をどう選び、面接にどう備えるかは、転職活動の要と言えるでしょう。ここでは、面接までにしておくべき対策のポイントについてお伝えしていきます。

1.相手を知る

あなたはどのように転職先を選びましたか?この会社で、この企業で勤めたいという思いがしっかりあり、何にひかれたのか、何がやりたいのか、その思いを言葉で語れることは、面接にあたってはもちろん転職にあたり、当たり前ですが、とても大切な事です。

転職先にとってもあなたが何をもって自社を選んだのかということは、マッチングを計る上でのポイントになります。

もし、あなたが、とにかく「転職」を目指して動いている場合には、よく考えて見極めなければなりません。中には、仕事と並行しての転職活動に、思うように時間を割けずにいる人もいるでしょう。

ですが、転職には多かれ少なかれギャップは付き物で、「思っていたのと全く違う」と、このギャップに苦しむ人は少なくありません。

転職のギャップを小さくし、自分が力を発揮していくには、相手を知って、良いと思った上で転職をすることが必要です。

そしてそれが、面接で語れる筋の通ったものとなります。インターネットで得られる情報に頼らず、可能ならば足を運びましょう。つてがあるのなら、話を聞きましょう。

2.自己分析をする

転職の面接のほとんどで聞かれる内容に、「なぜ前の職場をやめたのか」と「なぜ、その会社を選んだのか」があります。

後者については1でもお話しましたので、ここでは「前職での自分」についての自己分析についてお話しましょう。

面接官は、あなたが転職を決意した理由を通して、あなたの前職での経験、そこから何を見いだし学んだのかていたかを知ろうとします。

つまり、あなたの専門性や適性だけでなく、仕事に向かう姿勢や意欲、向上心などを含め、あなたという人となりを知ろうとします。

あなたが前職の経験で得たものは何ですか?身に付けた力は何ですか?それを端的な言葉と具体的なエピソードの両方で語れるようにしておきましょう。

3.使える技術、資格を磨いておく

これは、あなたの仕事の職種にもよりますが、技術を即戦力として活かせるものにしておくことは大切です。

未来のビジョンを見据えて、転職先でも活かせる資格を取ることも一つでしょう。また、これについても面接においては、「語れる」事が大事です。

企業が求める転職スキルランキング – 転職サイトは[PROSEEK]

自分のこれまでと、これからを伝えること

1~3まで、面接までに取り組んでおくべきこと、ポイントについてお伝えしてきました。とにかく、大切なのはエッセンスを語れる事です。

自分のこれまでをアウトプットできるようにしておく事は、こらからを見据える上でも意味があります。面接のためだけでない自己分析をし、人生を考える機会にして、自分を発揮し磨ける場を得てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です